銀行カードローンの審査をスムーズに通過するために

消費者金融よりも金利が安く、借入限度額が大きい銀行カードローンはとても魅力的なローンです。しかしその分、申込みをする際に消費者金融などよりも審査が厳しいのでは、不安に思われる方も多くいらっしゃることと思います。確かに昔は個人向けの銀行カードローンの審査は厳しいものでした。

 

しかしそれは銀行単独でカードローンを行っていた時代のこと。現在のように消費者金融会社をグループ傘下に置く銀行の多い昨今では、昔では不可能だったパートやアルバイトなど非正規雇用の人でもローンを組むことができるようになっており、審査基準を柔軟にすることでカードローン事業を積極的に展開していこうという傾向が見られます。

 

仮審査を通過しても安心は禁物、本審査通過まで油断できないカードローンの審査

基本的に銀行カードローンは、仮審査を通過できれば本審査も通過できる場合が殆どです。しかし、仮審査と本審査で申込書の申請内容に矛盾や食い違いが生じている場合は、仮審査を通過できても本審査で落ちることがあります。

 

例えば申込書の年収を源泉徴収票や各種証明書等で確認せず、大雑把な思い込みの金額を勝手に書き仮審査と本審査で異なる場合や、勤続年数が短いと審査に不利なのではと勝手に解釈して、虚偽の勤続年数を書いた場合などです。また、仮審査以降に他社のカードローンで借金をしていたり、勤務先の倒産などが発生した場合も本審査で落ちる場合があるので注意が必要です。

 

カードローンの審査で重視される点とは

審査基準は各銀行によってまちまちですが、基本的な審査する項目はどこも同じようなものです。どのような項目が審査されるのかは、次の通りになります。

 

毎月安定した収入があるか

年収、高額な年収を貰っている方が有利になるのは事実ですが、一番重要なのは毎月安定した収入が得られているかどうかです。ご自分の収入が少なくても、定収があれば審査を通過する可能性は高いと言えます。

 

申込み現在の借入状況

申込み時点の借入状況を見ます。何社から借入をしているかが重要となり、3社以上から借入をしている場合は1社からまとまった額を借入ることが不可能な状態だったと見なされ、審査に不利な条件となります。

 

勤務先や勤続年数はどのような状態か

勤務先と勤続年数は、社会的に安定した収入を今後も得ることができるかの目安として判断されます。そのため、一部上場企業や公的機関、大規模な事業所に勤務していると有利ですし、勤続年数は長い方が評価されます。

 

居住形態や家族構成

住居は賃貸の集合住宅よりも、持ち家や社宅の方が高く評価されます。また、両親と同居していたり、家に固定電話があるとさらに評価されます。

 

自信があるのに審査に通らない意外な原因とは

過去に借金も無く、安定した職についているのに審査が通らないことも場合によってはあります。「自分は審査には自信があったのに、何故?」と納得いかないかもしれませんが、こういった方には次のような原因が考えられます。

 

クレジットカードをたくさん所持している

クレジットカードにはそれぞれキャッシング枠があります。実際キャッシングを利用したことが一度も無くても、クレジットカードを多数所持していることで、これらのキャッシング枠が全て借入とみなされ、審査にとって不利な条件になります。審査をスムーズに通過するためにも、クレジットカードは必要なものだけ最小限所持するのが良いと言えます。

 

カードローンを一度に何社も申し込む

審査を確実に通過したい一心で、一度に何社もカードローンを申し込むのは逆効果です。複数の金融機関のカードローンを一度に申込んでいるということは、審査担当者から見て「お金に困っている人」という判断をされてしまい、審査に不利な条件となってしまいます。一度にカードローンを申し込める数は3社までです。万が一3社とも審査を通過できなかった場合は、半年ほど期間を開けて申込むことをお勧めします。

 

借り換えする場合は、申込み時にきちんと伝える

現在組んでいるカードローンを、より金利の安い銀行カードローンに借り換えしたい場合は、申込み時に「借り換えが目的である」ことをきちんと伝えましょう。借り換えが目的であることを伝えていないと、既にあるカードローンに加えてさらに新規のカードローンを組むものと判断され、審査に通過しない可能性があります。

銀行の「融資の5原則」って?

銀行が融資するかどうかの基準として、「融資の5原則」というものがあります。もし銀行から融資を受けようと思っているのであれば、この5原則について知っておいても損はないと思います。

 

公共性

銀行というのはもちろんビジネスでやっているわけですが、ただ利益だけを求め続けているわけではありません。融資されたお金は公共のために使われる必要がありますし、銀行もそういった相手に融資することを求められます。利益になるからといって公共性に反するような融資をするようでは、銀行として失格ですね。

 

安全性

これはビジネスとしての銀行の側面を強調した要素です。貸したお金が戻ってこなければ、銀行は損をしてしまいます。それが続けばつぶれてしまいますね。安定した収入がきちんとあるのか、過去の借金で問題がないかを審査されることになります。

 

収益性

ただ貸したお金が戻ってくればいいというわけではありません。銀行は預金者に対してわずかですが利息を支払い、逆に融資するお金には利息を付けて返してもらっています。その差額が銀行の利益となるわけですから、ビジネスとしての銀行には収益性も大切なことです。

 

流動性

預金ばかりが増えて使い道がなくて国債ばかり買うことになっても銀行としては役割をはしていません。逆に融資をしすぎて経営が不安て担ってしまってもいけませんね。流動性というのは、預金と融資のバランスを取ることです。

 

成長性

銀行には公共性も求められるのですが、ただ融資された人がお金を受け取って喜ぶだけでは意味がありません。預金者からお金を預かり、それを必要としている人に融資することで、社会を発展させるという目的も果たしています。そのため、銀行から融資をされて、どのようにそれを社会のために役立てるのかという視点も必要になってきます。

銀行融資をうまく切り抜けるには

金融機関からお金を借りる際の一番のストレスはやはり決裁が下りるかどうかではないでしょうか。つまり審査に対する不安が一番大きいように思えます。特に銀行からお金を借りる場合、消費者金融でお金を借りるよりも審査が厳しいと思っている人は多いでしょう。しかしながら、審査の基本的なことは銀行も消費者金融もほとんどが共通しています。

 

審査はその人がちゃんとお金を返してくれるかを見るものです。過去の返済履歴に延滞があるかどうか、あるいはブラック情報があるかどうかは非常に重要な要素となっています。そういった情報は「信用情報機関」で一元管理されています。この情報は、銀行借り入れの情報だけでなく、消費者金融やクレジットカードといった情報も含まれています。氏名、生年月日で検索すればいつどの機関でいくら借りたかといった情報から延滞情報まですべてわかるようになっています。

 

厄介なのはブラック情報として登録された場合です。長期延滞を繰り返したりすればその履歴が残り、融資を受けることが非常に困難になります。またその情報は5年間は消えませんので、その間融資を受けることはできません。1回程度の延滞でも記録が残りますが、1回程度の延滞では審査に影響を与えることはありません。しかし、返済はきちんと行ったほうが、いざお金を借りるときに安心して申し込みができるので、きちんと返済を行いましょう。

 

銀行系のカードローンは「三菱東京UFJカードローン」や「三井住友銀行カードローン」などがあります。消費者金融系のカードローンと比較すると低金利で限度額も大きくなっています。こんな魅力のあるカードローンを持つためにも延滞には十分注意しましょう。

銀行系カードローンが持つ高い信用度

カードローンは、お金を金融機関から借りるという事を意味しています。ビジネスの面では借金や融資を受けるということは、普通に行われていることですが一般的に世間体の目からすると、どうしてもマイナスイメージがあるかもしれません。

 

新たに借入先を増やすために、カードローンの審査を受ける場合、既に借入をしている履歴や過去の返済状況といった全ての情報が信用機関を通して調べられることになります。借入の状況や履歴は審査に関わる大きな判断材料となり、重要視されるポイントでもあります。審査を受けた時点で、他にも借入がある場合は審査に通過する条件が厳しくなると考えておいた方がよいでしょう。

 

しかし、借入先の金融機関によっては印象が異なる場合もあります。例えば、銀行系カードローンはその信用度の高さから、印象を変えることのできる借入先の一つでもあり、他の金融業者よりも優位性があるのです。

 

信用度の高い金融機関の借入なら

さて、銀行系カードローンというと審査が他より厳しい、条件が整っていないと通過するのが難しいという印象があるかと思います。審査が厳しいということは、それなりに時間もかかります。急いでいてすぐに借入をしたいという人にとっては、デメリットになる部分もあるかもしれません。しかし、だからこそ銀行系カードローンが優れているメリットに転じる事があるのです。

 

審査に通りにくいということは、逆に考えると誰もが簡単に融資を受けられるわけではなく、それなりに信頼のある人物と判断された人のみが選別されているということを示しているからです。審査で条件を十分に満たしており、融資ができると銀行側から判断された人のみが銀行系カードローンを作ることができます。これは大きなメリットとなります。

 

既に借入があると審査に響くという場合がありますが、この借入先が銀行だったとしたら、それだけ厳しい審査をクリアして、信用度が高い人物なんだなということを逆に証明できることになります。この事実が印象を大きく変える要素となり、借入があるといっても銀行系カードローンを利用しているのであれば、それりの信用度があると判断されることにも繋がるのです。

 

ローンを利用するなら印象は良くするべき

印象で審査を左右できるものでもないだろう、と半信半疑に感じている人もいるかもしれませんが、印象が良い分には損はありません。カードローンの審査や条件を見直す場において、印象の良し悪しはしっかり反映されているものでもあります。

 

かといって特別に気をつけるものでもないので、普段から誠実にカードローンなどの借入や返済を行っていれば、信用度の高い銀行カードローンも問題なく手に入れることができるはずです。